2012年 秋アニメ紹介



カテゴリー

注目グッズリスト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ハルヒ】ハルヒ 「あたしって、別にツンデレじゃないわよね?」【ネタMAD】


▼動画の説明
「涼宮ハルヒの憂鬱」ハルヒ中心のネタMAD。※「ゼロの使い魔」のネタばれあり。
関連記事→涼宮ハルヒの憂鬱 ネタMAD

(右下の吹き出しマークをクリックでコメント非表示にできます。)
エンドレスエイト最終回(「涼宮ハルヒの憂鬱」第19話)のラストシーンで壮大なツンデレ具合を見せましたよ記念。

エンドレスエイトのラストで言った「あたしも行くからねっ!」のツンデレセリフですが、あれをちょっと考察してみると、実際“恋愛感情”的なものはそこまで左右していないような気もします。あの恥じらいは、団長としての名誉を汚された事に対して、キョンの言う通りに事が実行されるのを見て、なんと言いますか、自尊心を汚された事に対する恥じらいのような感じがあります。とは言え、広義のツンデレの概念からすれば十分、これも立派な“ツンデレ”とされるでしょう。

もちろんエンドレスエイトは、ハルヒに“心残り”があったからループが止まらずにいて、そしてラストでみんなでキョンの家で宿題をしたことでハルヒは本当にしたい事を成し遂げた、という事になるのでしょう。古泉がラストで「涼宮さんは友達と共同作業をした事がなかったのでしょう。」と言ったような発言をしておりますが、キーポイントはここにあったのでしょうか?

そう考えると、他の人の意見を聞いて事が遂行されれば良かった……という事にもなりません。それだったら、みくるが金魚すくいを提案しておりますから。だからやはり、“キョン”がキーポイントにもなっていると考えられます。

ここはあまり深い考察はせずに、ただ単に“大切な夏休みの思い出を作りたかった”というのがハルヒのやりたかった事なのでしょうから、それを“キョン”と実行できた事。そして何より、みんなで共同作業ができた事。これがハルヒにとって大きな“夏休みの思い出”となったのでしょう。この辺りは、EDテーマ「止マレ!」の歌詞で作詞の畑さんも同じような解釈をされているような気がします。この歌詞がエンドレスエイトの事を書いているのかは不明なのではっきりは言えませんが、「確かに覚えてるって言えるのかい?」、要するに心に残る大切な思い出を作りたかった、という事だと解釈するのがいいでしょう。

夏休みのイベントがキョンの発言によって実行された事、そしてキョンの家に行けた事に対する“恋愛の深まり”SOS団全員で共同作業・分担作業をした事による“SOS団の絆の深まり”

この2つが主に、ループ脱出の鍵となったのではないでしょうか?
スポンサーサイト

テーマ : 涼宮ハルヒの憂鬱
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿
非公開コメント

アクセスランキング

当ブログについて
Pick up!
けいおん!
「指がスパッと族のうんたん」
Image3.jpg
この動画を観る
週間動画ランキング
8/31~9/7付

金トロフィー第1位「けいおん!」
Image4.jpg


銀トロフィー第2位「CLANNAD」
Image4.jpg


銅メダル第3位「攻殻機動隊」
Image4.jpg


第4位「けいおん!」
Image4.jpg

第5位「けいおん!」
Image4.jpg




人気記事ランキング
ブログパーツ
秋 新作アニメ関連
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。